空き家を誰かに貸す|不動産投資信託でリッチな生活を手に入れられる

空き家を誰かに貸す

メンズ

注意すべきこととは

実際には誰も住んでいなかったとしても、家を持っているだけで毎年固定資産税がかかります。また、所有者として空き家を適切に維持管理する義務も負いますので、負担ばかりが重くのしかかってきます。使ってもいない家のために固定資産税や維持管理費を支払い続けるのは、とてももったいない話です。そこで、誰かに貸して賃料を得ようと考える人が出てきます。賃料を得ることができれば、それで固定資産税や維持管理費をまかなえるようになります。単に出費をなくせるだけでなく、安定的な副収入が入ってくることになりますから、こんなにお得な話はありません。しかし、誰かに家を貸した場合、たとえ大家自身がその家に住みたくなったとしても、賃借人に簡単に出ていってもらうことはできません。一般的な賃貸借契約においては、大家よりも賃借人の権利の方が厚く保護されることになっていますので、注意が必要です。

専門サービス

近年、リロケーションサービスの専門業者が続々と登場してくるようになりました。リロケーションサービスというのは、短期賃貸借物件の仲介サービスのことです。先程述べたように、一般的な賃貸借契約では、大家の一方的な都合で賃借人に出ていってもらうことはできません。自分の家であるのにもかかわらず住みたい時に住むことができなくなってしまうため、他人に家を貸すことを躊躇してしまう人がたくさんいました。でも、リロケーションサービスを利用すれば、最初から期限付きで空き家を貸すことができます。一般的には、契約期間が満了しても、大家側に契約更新を拒否する権利は認められていません。賃借人側が契約更新するか否かを決める権利を握っていますので、大家にとってはとても不利です。しかし、リロケーションには契約更新という概念がありません。契約期間満了と同時に契約が自動的に終了するため、必ず家を明け渡してもらうことができます。